町田、多摩、東京、神奈川での葬儀のお見積もりなら花信へ
お急ぎの時は
葬儀のお見積りなら花信TOP>葬儀の内訳を考える
事前相談・資料請求
火葬式プランワンディプラン家族葬プラン家族葬生花プラン
葬儀費用について

葬儀の内訳を考える

家族葬の費用について
「葬儀費用」と一口に言っても、そこにはたくさんの費用が内包されています。曖昧になりがちな、葬儀費用の内訳を見ていきましょう。
通夜の費用について 納骨の費用について 密葬の費用について 散骨の費用について
もっとも大きいのは、ひっくるめた「会場使用料」
香典の費用について
葬儀会社によって多少の差はありますが、もっとも大きな割合を占めるのが、「会場使用料」です。 ここでは「会場使用料」としてまとめていますが、これには、 ・ホールの使用料金 ・霊柩車などの手配や運搬 ・祭壇の設置料金や花代 ・火葬にかかる費用 ・人件費 ・宿泊費用 などがすべて含まれています。このため、この「会場使用料」は、全体の2分の1ほどになります。200万円の葬儀だとすれば、100万円程度が「会場使用料」なのです。 逆に言えば、「会場使用料に含まれないものは何か」と考えていく方が、内訳としては分かりやすい、ということになります。
火葬の費用について 葬儀でお坊さんにお渡しする費用はいくらほど? 葬儀の費用の控除
そのほかにもこんな費用がかかります
葬儀の費用を抑えるためにはどうしたらいいのか?
内訳のなかで、次に大きなパーセンテージを占めるのが、「宗教者へのお布施」です。これは葬儀の規模によるのですが、最低でも10万円、少し大規模な葬儀になると80万円ということも珍しくありません。相場としては、20万~40万円程度でしょうか。次に、「飲食費用」がきます。現在は初七日までの法要を一緒にやるケースが多いでしょう。精進落とし、また通夜振る舞い、火葬場での飲食、遺族の朝食代などがここに含まれます。香典返しの費用というのは、意外なほど少なく、多くの場合、10万円以下に収まります。また、余った香典は返品できるケースがほとんどですから、これは全体から考えると微々たるものです。ただ、これはあくまで内訳の一例にすぎません。葬儀会社への心づけなどは必要ありませんが、受付業務をしてくれた人にお礼金を渡す、というケースもあり、実際にはプラスアルファの費用がかかります。このため、費用にはある程度余裕を持っておく必要があると言えるでしょう。特に、「遠方から来る親族の宿賃を負担する」ということであれば、計算を忘れずに。
葬儀の費用の内訳 神式葬儀の費用 お墓にかかる費用 戒名と費用のお話 祭壇料で葬儀の費用を安く抑える
▲このページのTOPへ戻る