町田、多摩、東京、神奈川での葬儀のお見積もりなら花信へ
お急ぎの時は
葬儀のお見積りなら花信TOP>通夜の費用について
事前相談・資料請求
火葬式プランワンディプラン家族葬プラン家族葬生花プラン
葬儀費用について

お通夜にかかる費用の大前提

家族葬の費用について
「お通夜にかかる費用」そのものを求めることは、実はとても難しいです。というのも、葬儀会社からくる見積もりは、基本的には「お通夜と本葬の日とそのあとの初七日法要(まとめてやる場合)を合算した金額」だからです。 特に「お通夜にかかる費用」と「本葬にかかる費用」を細分化することは難しいのが現状です。この場合、祭壇費用はどちらに分類されるか、会場の使用料はどこに分類されるか、布団などにかかる金額はどちらに分けるか、などのような問題が出てくるからです。 そのため、現在は、「お通夜と本葬、まとめて○万円」とするケースが多いのです。
通夜の費用について 納骨の費用について 密葬の費用について 散骨の費用について 香典の費用について
その上で知りたい、お通夜だけにかかる費用について
火葬の費用について
上記の大前提を踏まえて、「お通夜だけにかかる費用」というものも見ていきましょう。 この代表的な例が「通夜振る舞い」でしょう。多くの場合、親族の控室に置かれるものであり、お寿司やオードブルの桶が置かれます。また、お酒がふるまわれるケースも多いです。 この通夜振る舞いにかかる費用ですが、1人あたり1500円~2500円程度が相場だと言われています。つまり、30人なら45000円~75000円程度、ということですね。もちろんこれはあくまで「相場」です。地方やご遺族によっては、「通夜の席であっても、お肉やお魚も入れてほしい」と希望されることもあります。このような場合は、若干費用があがる傾向にあるようです。 ちなみにこの通夜振る舞いに関しては、見積もり書でも「通夜飲食費」などのように分けて記述されるのが一般的です。ただ、「飲食費」として、法要のときの食事料金とまとめられることも、それほど珍しくはありません。 ちなみに、かつては通夜振る舞いの席を用意してくれるスタッフなどに、「心づけ」として5000円以下の現金を渡す風習がありました。 しかしこれは、現在では廃れつつあるものです。特に葬儀会社にお願いする場合は不要です。ただ、ご近所さんや受付をしてくれた人には、いくらか包んでも良いでしょう。
香典の費用について 葬儀でお坊さんにお渡しする費用はいくらほど? 葬儀の費用の控除 葬儀の費用を抑えるためにはどうしたらいいのか? 葬儀の費用の内訳 神式葬儀の費用 お墓にかかる費用
▲このページのTOPへ戻る

 

 

戒名と費用のお話 祭壇料で葬儀の費用を安く抑える