町田、多摩、東京、神奈川での葬儀のお見積もりなら花信へ
お急ぎの時は
葬儀のお見積りなら花信TOP>葬儀の費用を抑えるためにはどうしたらいいのか
事前相談・資料請求
火葬式プランワンディプラン家族葬プラン家族葬生花プラン
葬儀費用について

葬儀の費用を抑えるためにはどうしたらいいのか

家族葬の費用について
葬儀の費用というのは、非常に大きなものです。200万円が相場とされており、更にここに墓石の購入費用などが加算されます。そのため、できるだけ抑えたい、と考える人もいるでしょう。そこでここでは、葬儀の費用を抑える方法を紹介します。
通夜の費用について 納骨の費用について 密葬の費用について 散骨の費用について
基本的には、葬儀の規模を小さくする
香典の費用について
結婚式などと違い、葬儀というのは基本的には「自由参加」です。もちろん親族などは、喪家が呼ぶことになりますが、故人の友人知人、あるいは会社などに対して、結婚式のような「招待状」を出すことはありません。このため、誤解を招く言い方ではありますが、結婚式のように「ご祝儀(不祝儀)で式の料金を賄うことができる」というケースは極めてまれなのです。特に、故人がすでにお年を召された方であり、それほど付き合いのある人がいなかった、という場合は、ほとんど持ち出しになります。このような現状があるため、「大きな葬儀を行い、いろいろな人にお別れにきてもらう」という考え方は、「費用」という面から葬儀を考えたときはかなりマイナスが大きいと言えます。 そのため、規模を小さくする、という対策をとるのが現実的です。
火葬の費用について 葬儀でお坊さんにお渡しする費用はいくらほど? 葬儀の費用の控除 葬儀の費用を抑えるためにはどうしたらいいのか?
宗教者を呼ばない
葬儀の費用の内訳
宗教者へのお布施が葬儀全体に占める金銭的割合は、10分の1~4分の1程度です。会場の使用料や食事は、「減らす」ことはできても、「なくす」ことはできません。しかし、宗教者へのお布施はゼロにすることが可能です。無宗教という形でお見送りすれば、お布施は発生しません。 これは費用面でのメリットだけではありません。現在は葬儀の多様化に伴い、故人の生前の希望で、「家族だけで見送ってほしい」「一番安い形で送ってほしい」と申し送りすることも増えています。焼香の順番や葬儀の流れが決められることもなく、ゆっくりとお見送りできる、ということでも、無宗教の葬儀というのは魅力があるのです。大きいのはこの2つの要因ですが、そのほかにも衣装や食事などにも気を付けることで、費用を少なくすることができます。
神式葬儀の費用 お墓にかかる費用 戒名と費用のお話 祭壇料で葬儀の費用を安く抑える
▲このページのTOPへ戻る