町田、多摩、東京、神奈川での葬儀のお見積もりなら花信へ
お急ぎの時は
葬儀のお見積りなら花信TOP>神式葬儀、費用はどれくらいなの?
事前相談・資料請求
火葬式プランワンディプラン家族葬プラン家族葬生花プラン
葬儀費用について

神式葬儀、費用はどれくらいなの?

家族葬の費用について
神式の葬儀と仏式の葬儀では、いろいろな点で相違点が見られます。その相違点を見ると同時に、神式における「費用」を考えていきましょう。
通夜の費用について 納骨の費用について 密葬の費用について 散骨の費用について
神式葬儀は安くなる?その理由は?
香典の費用について
神式葬儀は、仏式の葬儀に比べると、若干費用が抑えられると言われています。これにはいくつかの理由があります。神式の場合、基本的には「花」は積極的に使わず、榊などを利用するのも、その理由の一つです。また、お布施などで、一人の宗教者に対して支払われる金額も、若干ではありますが抑えられます。このようなことから、「仏式に比べて、神式葬儀の式は安くなる」と言われているのです。
火葬の費用について 葬儀でお坊さんにお渡しする費用はいくらほど?
神式葬儀の費用の実際
葬儀の費用の控除
しかしながら、これはあくまで、一つの「通説」です。実際には、神式の葬儀も仏式の葬儀も、それほど費用は変わりません。なぜなら上であげたのは一つの例にしかすぎず、実際には「葬儀の規模」の方が大きな問題になるからです。葬儀の規模が大きければ、神式でもお金はかかります。また、上であげた「お布施」「花」の問題は、実は仏式も神式も、「数十万円、数百万円」という違いは出にくいため、「個々の葬儀における、価格差」程度で収まる場合が多いでしょう。そのため、葬儀会社のなかには、「仏式でも、神式でも、基本的には値段はかわらない」としているところも多いです。もしも、「神式だから安く済む」「安く済むようなら神式で」と考えているのであれば、それはかなり厳しい認識だと言わざるを得ません。その面での費用の軽減を考えるよりは、スタッフに費用を伝えて、そのなかで采配してもらう方が現実的でしょう。神式の葬儀は、30万円から始まり、数百万円台までさまざまです。規模が大きくなったり、多くの親族に参列してもらいたい、と考えるのであれば、その費用はうなぎのぼりになるでしょう。
葬儀の費用を抑えるためにはどうしたらいいのか? 葬儀の費用の内訳 神式葬儀の費用 お墓にかかる費用 戒名と費用のお話 祭壇料で葬儀の費用を安く抑える
▲このページのTOPへ戻る