町田、多摩、東京、神奈川での葬儀のお見積もりなら花信へ
お急ぎの時は
葬儀のお見積りなら花信TOP>祭壇料で葬儀の費用を抑える方法
事前相談・資料請求
火葬式プランワンディプラン家族葬プラン家族葬生花プラン
葬儀費用について

祭壇料で葬儀の費用を抑える方法

家族葬の費用について
「葬儀の費用を抑えたい」というのは、よく聞かれる話です。葬儀の費用の中で、大きなウエイトを占めいているのは、祭壇料になります。ではなぜ、「祭壇料を抑えると葬儀費用が抑えられるのか」また、「祭壇料の内訳」を記載しておりますので、ぜひご確認ください。
通夜の費用について 納骨の費用について 密葬の費用について 散骨の費用について
祭壇とは
香典の費用について
まず祭壇とは、葬儀時に宮殿の様な造りをしている建物ことです。基本的には、白木祭壇を用いておりますが、近年では花祭壇を選ぶ方もいます。また宗派や金額によって、祭壇の大きさや装飾・素材が異なります。
火葬の費用について
祭壇は、レンタルして使用しています
葬儀でお坊さんにお渡しする費用はいくらほど?
祭壇は、葬儀会社や葬儀場からレンタルして使用しています。白木を使用して作られているため、制作するのに時間とコストが掛かります。しかし、きれいな状態を保つために手洗いをしたり、クリーニングに出すなどを徹底しております。そのため、クリーニング代などが祭壇料に上乗せされます。また、祭壇の大きさによって、レンタル料は異なります。
葬儀の費用の控除 葬儀の費用を抑えるためにはどうしたらいいのか?
祭壇料の平均費用
葬儀の費用の内訳
祭壇料の平均金額は、約50?80万円ぐらいになります。葬儀全体の平均費用が200万円ぐらいになりますので、約4割は、祭壇料になります。あくまでも、平均費用になりますので、葬儀業者によって異なりますし、祭壇の大きさによっても異なりますのが目安の費用として考えてください。
神式葬儀の費用 お墓にかかる費用
祭壇料の内訳
戒名と費用のお話
祭壇がレンタルものなのに、100万円や80万円など高額な費用を請求されますが内訳としては、祭壇のレンタル料・人件費などの諸経費がかかってきます。特に人件費に関しては、葬儀運営スタッフの他にも対内・対外への手配を主にしている裏方スタッフの分まで含まれています。葬儀費用を抑えるためには、人件費が抑えられ様な小さな祭壇を選ぶと良いでしょう。 もし、ご興味ある方は、お気軽にご相談ください。
祭壇料で葬儀の費用を安く抑える
▲このページのTOPへ戻る