町田、多摩、東京、神奈川での葬儀のお見積もりなら花信へ
お急ぎの時は
葬儀のお見積りなら花信TOP>葬儀後、お墓にかける金額はいくらくらいなの?
事前相談・資料請求
火葬式プランワンディプラン家族葬プラン家族葬生花プラン
葬儀費用について

葬儀後、お墓にかける金額はいくらくらいなの?

家族葬の費用について
葬儀というのは、「式典を終えれば終わり」というものではありません。もしあなたが、「まだお墓を持っていない世代」だということであれば、新しいお墓の購入が必要になります。その金額は驚くほど大きく、計算に入れていないと、あとあと困ることになってしまいます。そこでここでは、「葬儀後にかかる、お墓の費用」について見ていきましょう。
通夜の費用について 納骨の費用について 密葬の費用について 散骨の費用について
驚くほどの高額になる!お墓の平均金額は200万超え
香典の費用について
驚かれるかもしれませんが、お墓の購入費用の平均額は、なんと211.32万円です。 西日本か東日本か、また地方か都心部かで違いもありますが、基本的には200万円を切ることはない、と考えておいた方がよいでしょう。この「200万円」という数字は、葬儀にかける金額とほぼ同金額です。つまり、「お墓がまだない」という人の場合、葬儀を2回行うほどの費用が必要になる、ということなのです。この数字は驚くほどに大きく、遺族の経済状態を大きく圧迫することにもなります。また、ここに更に仏壇の費用がかかる場合もあります
火葬の費用について 葬儀でお坊さんにお渡しする費用はいくらほど?
納骨堂という選択肢
葬儀の費用の控除
墓地などによってはかなり安く買える場所もありますが、これらの場合、必ずしも購入が可能である、というわけではありません。そのため、確実に、かついつでもお参りにいけて、管理もしてもらえて、しかもお墓を買うよりも安くできる、という「終の住処」を求めている人の場合は、納骨堂などがオススメです。納骨堂の場合、単身者ならば約50万円程度でお骨を収めることが可能です。家族用のものでも、100万円ほども出せば、きちんとした場所が確保できます。年間管理費用は若干かかりますが、いつでもお参りに行けますし、雨や雪でお墓が痛む、ということもありません。空調が効いた中で管理してもらえるため、安心です。納骨堂も、物によってはお墓より高額になるケースもありますが、このような選択肢があるということは覚えておくべきでしょう
葬儀の費用を抑えるためにはどうしたらいいのか? 葬儀の費用の内訳 神式葬儀の費用 お墓にかかる費用 戒名と費用のお話
▲このページのTOPへ戻る

 

 

祭壇料で葬儀の費用を安く抑える