町田、多摩、東京、神奈川での葬儀のお見積もりなら花信へ
お急ぎの時は
葬儀のお見積りなら花信TOP>戒名と費用のお話し
事前相談・資料請求
火葬式プランワンディプラン家族葬プラン家族葬生花プラン
葬儀費用について

戒名と費用のお話し

家族葬の費用について
あまり大きな声では言われませんが、「戒名」というのは、実は「お金で買えるもの」なのです。かなり誤解を招く言い方ではありますが、これが現在の「戒名事情の実態」であることは、業界人のなかでは当たり前のことです。戒名は、基本的にはお布施が多ければ多いほど、字数が多く、長いものになっていきます。詳しい人なら、戒名のつけ方などで、「ああ、これくらいだったな」というのが分かるということも……。ここでは、戒名の相場と実態を見ていきましょう。
通夜の費用について 納骨の費用について 密葬の費用について 散骨の費用について 香典の費用について
戒名にはランクがある!その相場をご紹介
火葬の費用について
もっとも費用が安いのは、「信士・信女」です。宗派によって若干の違いはあるのですが、30万円程度の場合はこの戒名に落ち着くようです。その次が、「居士・大姉」。これがだいたい、50万円~80万円ほどの層です。「院信士・院信女」になると、宗派による違いがかなり出てきます。日蓮宗の場合、「信士・信女」「居士・大姉」の戒名がなく、ここからスタートであるため、30万円~50万円程度です。曹洞宗の場合は100万円から、浄土宗の場合は70万円からですが、いずれにせよ、かなり高額です。もっとも上位の「院居士・院大姉」の場合は、いずれも100万円からのようです。ただ、浄土宗と浄土真宗の場合は、これに相当する戒名はありません。
葬儀でお坊さんにお渡しする費用はいくらほど? 葬儀の費用の控除 葬儀の費用を抑えるためにはどうしたらいいのか?
戒名の実際について
葬儀の費用の内訳
戒名の場合は、これに加えて、故人の一字が入る場合が多いです。もちろん、宗派や宗教によって多少違いはありますが、「戒名は、お布施によって変わる」というのは、純然たる事実です。ただし、当然のことながら、これらの「価格設定」は、お寺などが公にすることはありません。お布施自体も、「お気持ちで結構です」としているところが多いため、「戒名料はいくらくらいですか」と聞いても、基本的には回答は得られないでしょう。もし、「○○という戒名が欲しいが、どれくらいのお布施を包めばいいか」ということが知りたいなら、アバウトな金額になりますが、弊社スタッフが回答することもできますので、ご相談ください。
神式葬儀の費用 お墓にかかる費用 戒名と費用のお話 祭壇料で葬儀の費用を安く抑える
▲このページのTOPへ戻る