町田、多摩、東京、神奈川での葬儀のお見積もりなら花信へ
お急ぎの時は
葬儀のお見積りなら花信TOP>葬儀が控除の対象になる?! 意外な事実をお教えします
事前相談・資料請求
火葬式プランワンディプラン家族葬プラン家族葬生花プラン
葬儀費用について

葬儀が控除の対象になる?! 意外な事実をお教えします

家族葬の費用について
「葬儀が控除の対象になる」と聞いても、ほとんどの人が、「いったい何を言っているのかわからない……」と思われるはず。そこでここでは、控除と葬儀の関係についてみていきましょう。
通夜の費用について 納骨の費用について 密葬の費用について 散骨の費用について
葬儀と控除、そもそもの関係について
香典の費用について
ここで言う「控除」とは、「相続財産からの控除」を意味します。簡単に言うと、「亡くなった人の遺産を相続する場合、葬式にかかった金額は控除しますよ」というものです。これによって起こりうるメリットとしては、「相続税の軽減」が挙げられます。多くの遺産が遺されている場合、そこにかかる相続税も膨大なものになります。しかし、盛大な葬儀を行えば、かかってくる相続税も少なくなる、ということです。もちろん一概には言えませんが、多くの遺産がある故人というのは、人付き合いが多く、葬儀の規模も大きくなりがちです。 こう考えると、「葬儀の費用が遺産から控除される」というのは、非常に大きなメリットだと言えます。
火葬の費用について 葬儀でお坊さんにお渡しする費用はいくらほど? 葬儀の費用の控除 葬儀の費用を抑えるためにはどうしたらいいのか?
控除の対象外となるもの
葬儀の費用の内訳
しかしながら、「葬儀全般にかかる費用」のすべてが、相続税の控除対象となるわけではありません。 香典返しの費用、あるいは墓石の購入代金、また法要にかかる費用に関しては、控除対象外となります。現在は初七日の法要なども一度に済ませてしまうケースも多く、細分化はしにくいという現状はあります。ただ、ざっくりと言えば、「ご遺体の運搬~お通夜~葬儀当日までにかかった費用」が、控除対象となる、と考えておけばいいでしょう。ちなみに、この「控除対象」には、宗教者に対して支払われるお布施も含まれます。大規模な葬儀の場合、お布施の金額が100万円近くになることも多いため、これが控除対象となるのはとても大きいでしょう。ちなみにこの手続きは、故人が亡くなった日から10か月以内に手続きを行う必要があります。10か月というのは、家族を亡くした悲しみからまだまだ立ち直れない時期ではありますが、金銭の手続きはしっかり行うようにしましょう。
神式葬儀の費用 お墓にかかる費用 戒名と費用のお話 祭壇料で葬儀の費用を安く抑える
▲このページのTOPへ戻る